交通事故に遭われた方へ



1度、弁護士に無料相談されませんか?

1.
このたびの交通事故でお怪我をされたことについて、まずお見舞い申し上げます。お怪我が完治されれば、相手方やその保険会社に対し、損害の賠償をされることになると思います。その際に、1度、弁護士に相談されませんか?

2.
損害賠償の基準には、自賠責基準、任意保険会社基準、裁判所の基準があり、金額的には、自賠責基準<任意保険会社基準<裁判所の基準となっています。
  例えば、事故から6か月の間、週に2回、通院治療(50回程度)を行い、完治した場合の通院慰謝料は、自賠責基準では、原則として、1日4200円×50日×2=42万円となりますが、裁判所の基準では、軽い頸椎捻挫であったとしても、89万円程度となります。
  また、不幸にも、お怪我が完治せず、14級の後遺障害が認定された場合、 後遺障害の慰謝料は、自賠責基準では、75万円であり、裁判所基準では11
0万円です。
  相手方保険会社は、自賠責基準やそれに近い金額の提示をしてくることが多いのです。示談をする前に、1度、弁護士に相談し、本来認められるべき損害額を知っていただければと思います。

3.
初回の相談は、無料です。弁護士に依頼するかどうかも自由です。弁護に依頼する場合にも、任意保険に弁護士費用特約が付加されている場合に弁護士費用は任意保険会社が負担します。是非、1度、ご連絡ください。