顧問弁護士とは



顧問弁護士というと,非常に大きな会社が自分の会社の法務部門があって,そこで日常的におこる法律問題を弁護士に相談する。そんなイメージを持っていませんか?

確かに,大企業で法務部門を持って,そこに顧問弁護士が関与するという例がありますが,もっともっと小さな企業や,個人でも顧問弁護士は持てるのです。
顧問弁護士は、あなたやあなたの会社がこれから法的なトラブルに巻き込まれないようにするために適切な法的アドバイスを迅速に行う、いわばホームドクターのような存在です。これをホームロイヤーと言う人もいます。
事件になってからでは費用や時間がかかります。事前に適切な法的アドバイスによって紛争やトラブルを避けることができる。そんな頼りになるかかりつけのお医者さん的な弁護士、それが顧問弁護士です。

顧問弁護士がいるメリット

1.すぐ相談ができる
一般の相談ですと相当後になってしまう場合がありますが、顧問様の場合には、48時間以内には必ず面談による相談を入れております。また、通常の相談であれば、顧問料の範囲内であり、気軽に相談料はかかりません

2.訴訟費用の節減
事前に法的トラブルを防ぐことによって、訴訟を回避できる点で、一番の大きなメリットですが、万が一訴訟に巻き込まれた場合であっても、通常の訴訟費用よりも顧問様割引として費用を安く設定しております。

3.顧問弁護士がいることによる安心
顧問弁護士がいるということは、なんでもとりあえず訊けるということです。
経営や人生の岐路にあたり、迷うことはたくさんあります。そんなときに気軽に訊くことができる専門家がいることは、大きな安心になります。

4.詳しい事情を常に把握して会社(個人)にとって迅速な判断ができる。
一般の法律相談においては、30分程度の法律相談のため、背景事情やどうしてこの問題が起こったのかなど、詳しい事情まで聞く事ができない場合があります。しかしながら、顧問契約を締結していれば、背景事情が十分分かっているので、素早く適切な判断を下すことができます。

顧問料について

個人はひと月5,000円から、会社は従業員の数によって異なります。
従業員の数が10人未満・・・原則3万円(消費税別途)
10人以上・・・原則5万円